持丸のファンタジー映画感想

基本ネタバレなしのあらすじと感想で構成されています。ファンタジー映画である限りどんなC級であろうと見なければならない呪いにかかっています。記事の頭に画像があるのはリンクで飛べます。

ファンタジー映画感想162 シン・ウルトラマン

見ました〜。評価を下すのが難しい映画だったな。「面白い映画だった!こんな名作滅多にないから絶対見て!」ってほどではないんですけど「クソ映画だったから見なくても全く問題ないですよ〜」ってわけでもないんですよ。つまらなかった。でもアイディアがいいなと思うのは確かにあったんです。面白い部分は確かにあった。でも脚本はしょりすぎで人間関係が十分に描けてないせいで感動が薄いのと、無意味なフェチシーンの連発で令和3年の感覚で見ているとだいぶしんどい。でもアイディアがいい部分は確かにあったんですよ。でもセリフがくどかった。高度に発達した知的生命体について人間が考えるとどうしてもくどくどした政治家っぽくなってしまうのは想像力の限界なのかな?

 

2022年の日本の映画です。監督は樋口真嗣。脚本が庵野秀明です。

 

大怪獣シリーズ ウルトラマン ( シン・ウルトラマン ) 少年リック限定 発光ver.

 

あらすじ

既存の兵器では歯が立たない怪獣(禍威獣と書きます)に対して政府は禍威獣特設対策室専従班を作ります。そのメンバーの1人である神永はある日任務の最中に子供を守ろうとして瀕死に。それを見かけたウルトラマンは彼に心動かされ彼と一つとなり、基本は神永、怪獣が出てくると銀色の巨人ウルトラマンとなって戦うように。最初は高度な知能を持たない怪獣ばかりでしたが、ある時から高度な知能を持った人型の宇宙人が地球にやってくるようになります。ウルトラマンの存在は彼らにとって邪魔となり、神永は誘拐されます。

 

感想

これ、Hey!Say!JUMPの有岡くんが出ていたのと「シンゴジラ」がめちゃくちゃ好きだったからという理由で見ました。私がHey!Say!JUMPで特に好きなのは中島裕翔くんで、基本好きなアイドル箱推しなんですけど推しグループのメンバー全ての個人仕事をチェックしていたら時間もお金もアレなことになるので基本やらないんですけど、今回はシンゴジラ好きだし評判いいし、で見たんですよ。公開二日目かなんかに。

最初はめちゃくちゃ興奮しました。シンゴジラの焼き直しみたいなのでもいいや〜と思って見にいったんですけど最初からそれを超えてた。怪獣が初めて日本に現れた時のパニックとそこを乗り越える過程を描いたのがシンゴジラでしたが、シンウルトラマンは怪獣襲来が日常化してみんなややダラダラしていて、更にそれが新しいフェーズに入った時に外部からよくわからない救済(ウルトラマン)がもたらされたっていう状況の話なんですよね。この「外部からもたらされたよくわからない救済」ってところがポイントで、なんだかよくわからないから信じるに信じられないんですよ。それに意味不明に強いからみんなダラダラ頼ってしまうし。こういうふうになるだろうな、という感じで面白かった。

一方で映画としてよくないところもあって、それが時間配分です。

書きたいことを時間内に収めるために大急ぎなんですよ。おかげでヒロインたる長澤まさみ演じる浅見と神永のバディの絆が十分に描けてない。ちょいちょいシーンで「バディを何と心得てるのかしら?」とか「バディだもんね」みたいなセリフがあるんですけど絆ができるシーンが描かれてないからすごい「口だけバディ」っぽくなっちゃってて感動できない。

あと長澤まさみが浅見やってくれたからだと思うんですけど、制作陣の「せっかくまさみさまがやってくれたんだから妄想全部叶えようぜ」が露骨すぎた。巨大なボディラインのわかるスーツを着た美女のスカートをしたから撮るとかタイトスカートなのにすごい脚上げさせて美脚を楽しむとか。申し訳ないけど令和の時代にこれをやられると「時代錯誤〜」「きも〜い」という気持ちが抑えられない。わかるよ!まさみさまみたいに綺麗な人がやってくれるんだったら妄想を叶えたいよね?でもアダルト系のコンテンツとか深夜番組じゃないんだし、子供も実るウルトラマンでこれやられるとだいぶ…。他のところができてればまだよかったのかもしれないけど、脚本のくそ端折りがある中でやられるとどうも良いとは言えないなぁ。

あとメフィラスの「私の好きな言葉です」「私の苦手な言葉です」が多すぎてちょっとくどかったかな。もう少し少なくてもちゃんと面白いよ。

ファンタジー映画感想161 ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【映画パンフレット】ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密 監督 デイビット・イェーツ 出演 エディ・レッドメイン、ジュード・ロウ、マッツ・ミケルセン

公開から1週間、ようやく見てきました。

監督はデヴィッド・イェーツ、脚本はJ・K・ローリングとスティーブ・クローブス。

 

あらすじ

グリンデルバルドは国際魔法連盟のトップになるべく麒麟を探していた。ニュートは生まれたばかりの麒麟を保護しようとするもグリンデルバルドに奪われる。しかし実は麒麟は双子で一頭は保護することができた。グリンデルバルドとダンブルドアはかつて恋人だった時にお互いを攻撃することができない血の誓いを立てた。そのためグリンデルバルドは死期が迫るクリーデンスにダンブルドアを殺させようと嘘を吹き込む。ニュートはグリンデルバルドの作戦を妨害するために助手のバンティ、イギリスの闇払いである実兄のテセウス、リタ・レストレンジの異父兄であるフランス人のユスフ、ホグワーツの教師ユーラリー、そしてマグルのパン屋ジェイコブとチームを結成する。未来が読めるグリンデルバルドに対抗するため誰も全貌を知らない作戦が展開される。

 

感想

え〜とそうですね〜、前作よりは面白いです。それはそうだと思う。そしてジュード・ロウマッツ・ミケルセン、そしてエズラ・ミラーがはちゃめちゃに美しくて、もう美しい俳優を見るという意味で楽しい映画だった。マッツが麒麟の赤ちゃん(これがべらぼうに可愛い。デザインはちょっと、「え?これが麒麟?鹿じゃん!しかもお母さん麒麟ジュラシックパークだし!」って感じではあるんですが)を殺すところとか美しすぎるしエロスだしで官能〜って感じでよかったです。最高。マッツが風呂の中で死んだ麒麟の赤ちゃんを生き返らせる、どう考えても禁術だろって魔法を使うのも非常にエロかった、失礼、耽美だった。マッツに着衣で風呂に入らせるな、すけべすぎる。死にかけたクリーデンス・エズラ・ミラーは美だし、ジェイコブはいいやつだし。ニュートが牢獄で蠍に擬態するのもテセウスが真似する羽目になるのもめちゃくちゃ面白かったです。

でもやっぱりあんまりいい映画ではないですね。まず全部セリフで説明されないとわからない展開が多いんですよ。そしてグリンデルバルド割と頭悪い?この作戦うまくいかねーだろって選択が多い。悪役がバカだと盛り上がらないんだよな。

そしてダンブルドアを神格化しすぎちゃってそれも良くないですね。無駄に登場人物も多すぎるし。

一応シリーズ最後まで見守るつもりですが、ほんと大したことない作品です。でも金はかかっているので豪華な映画が見たい場合は見ると良いと思います。

「アオラレ」

アオラレ(字幕版)

2020年の映画ですね。スリラー映画。

監督はデリック・ボルテ。

タイトルからわかる通りの煽り運転のスリラーです。

あらすじ

レイチェルは息子カイルと弟フレッド、フレッドの彼女のメアリーと4人で暮らしています。ある日カイルを学校へ送っていく途中青信号になっても前の車が発車しないのでレイチェルは乱暴にクラクションを鳴らし、それでも発進しないので抜いていきます。ところがそれをきっかけに前の車の運転手トムに付き纏われることになるのです。危険な運転はだんだんエスカレートしレイチェルは身の危険を感じるようになります。

 

感想

怖いんですよね〜これ。ありそうな範囲のことするんですよ、レイチェル。レイチェルは最近色々なことがうまくいかなくて苛立っていて、そこへラッセル・クロウ演じる煽り運転の運転手に「君は礼儀が鳴っていない。クラクションの鳴らし方がおかしい。謝れ」と言われて、謝ればいいんですけど、レイチェルもひどくイライラしていたので謝らなかったんです。そういうことってあるじゃないですか。自分でも自分が悪いのはわかっているし謝った方が絶対いいんだけど、それができないってこと。大概は相手もまともな範疇の人なのでここまで恐ろしいことにはならないんですけど、稀に相手が普通の範囲ではなくなっていて、それで恐ろしいことになるんですよね。

息子を学校に送ったレイチェルをトムは付け狙います。ピッタリ後ろにつけ、無理に追い越して割り込み、一方通行の道路を逆走する羽目に追い込んだりする。そしてガソリンスタンドまでつけてくるのです。怯えたレイチェルは店の中にいた人に事情を説明し、警察を呼ぼうかと提案されますが断ります。ここで呼んどきゃ良かったのにな〜。そしていかにもアメリカらしい親切で見ず知らずの若者が車までレイチェルを送り、その若者をトムは車で撥ねます。またガソリンスタンドで買いものをしている最中にスマホを盗んでそれを使ってレイチェルの離婚弁護士と連絡を取って彼を殺したり、レイチェルの家族の情報を集めたりするのです。

実現可能な範囲のことするんですよね〜。この映画の恐怖描写。それが怖い。

また最後にレイチェルがトムに謝るのかと思いや謝らないのもいい。

 

ファンタジー映画感想160 ジャングル・クルーズ

ジャングル・クルーズ (字幕版)

2021年ディズニーの実写映画ですね。アトラクション映画の一つです。脚本はマイケル・グリーンら、監督はジャウム・コレット=セラ。

 

あらすじ

植物学者のリリーは女性であるため学会から相手にされていません。そこで弟のマクレガーに代わりにスピーチさせ、その隙にアマゾンの奥地にあるという万病を治し呪いを解く奇跡の花「月の涙」を探すために必要な矢尻を協会から盗み出します。ところが同じ時ドイツ帝国の王子ヨアヒムもそれを狙っていました。リリーと弟は矢尻を持ってアマゾンへ。月の涙を探すための船長を探すリリーたちはジャングルクルーズの船長フランクと出会います。フランクはいろんなやらせをやりながら客を楽しませる船長ですが腕は確か。リリーたちはフランクと共にアマゾンの奥地へ向かいますが、彼らをヨアヒム王子らが潜水艦で追ってきます。またヨアヒムは月の涙をめぐるトラブルから呪いをかけられ石化していたスペインの征服者アギーレ一行を300年の眠りから覚まします。

 

感想

最近のディズニーの映画って、ちゃんとしてるんだけどなんか面白くないんですよね〜の典型。ちゃんと教科書通りにきちんとしてて、美術も衣装も問題なくて、脚本も変なところはないし、ちゃんと盛り上がりも作ってあるんだけど何というか全てが読めてしまうというか。マクレガーとか魅力的なんですけど、エミリー・ブラント演じるリリーも賢くてパワフルで魅力的な女性主人公なんですが、なんか飛び抜けたところがない。ドウェイン・ジョンソンもマッチョで繊細で素敵なんですけどどうも面白くないんですよね。何でかな〜。読めちゃうからなのかな。

ファンタジー映画感想159 ミラベルと魔法だらけの家

ミラベルと魔法だらけの家 (吹替版)


2021年ディズニーアニメ。
原題はENCANTO、魔法かな?
舞台は南米、コロンビアです。魔法の才能を持つ一家でただ1人魔法のない女の子ミラベルが主役の家族の物語。

 

あらすじ
南米の奥地に魔法の力を持つ家カシータとその家に住む全員魔法の才能のあるマドリガル家。町の住民はみんなマドリガル家の魔法に頼って生活している。ミラベルはただ1人魔法のないマドリガル。家に亀裂が入り、みんなの魔法が弱くなっていることを知ったミラベルは原因究明に乗り出す。

 

感想
ディズニーなんで綺麗にまとまってるし、テーマもいいし、ミュージカル映画なんですけど曲もいいし、舞台化もできそう。キャラクターも魅力があります。教科書的に作られた魅力的なキャラクターだとは思いますけどね。でも私には割とNot My Typeの映画だったなー。なんでだろうと思うとテンポが遅いのと、話が小さくまとまりすぎてワクワク感が少ないのと説教くささが鼻につく点が好きになれないんだと思います。ディズニープラスで見ましたがつまらなくてなかなか見終わることができませんでした。解約を決意したので大急ぎで見終えたんですよ。1時間くらいの話を引き伸ばした感じ。音楽はいいんですけどね。
悪い映画ではないけど優等生的かな?これまでの映画で学んできたノウハウを詰め込んだ感じで非冒険的。

 

ファンタジー映画感想158 えんとつ町のプペル

 

映画 えんとつ町のプペル

2020年日本の映画です。監督は 廣田裕介。原作絵本読んだことある状態で見ました。これは…可哀想だけどあんまりよろしくない映画ですね。最初は絵の美しさにワクワクしたんですよ。さすがスタジオ4℃。でも話が始まると粗が目立って仕方なかった。

 

あらすじ

煙に包まれて空の見えないえんとつ町でえんとつ掃除をするルビッチ。ハロウィンの夜にゴミで出来たゴミ人間のプペルと出会う。2人はルビッチの父が生前信じていた外の世界、星空を求める。しかし星の存在を話してしまったプペルは異端審問官に追われるようになる。

 

感想

とにかく絵は美しいです。さすがスタジオ4℃
でも絵がいくら美しくても、プペルとルビッチの声優さん(窪田正孝芦田愛菜)がいくら演技がうまくても誤魔化せないものがありますよ。 監督と脚本がクソ中のクソなんですよ。口が悪くてごめんなさいね。
なんかシーンとシーンの繋ぎが唐突だし、キャラクターの心の動きが不自然なんですよ。やりたいことを無理に詰め込んでいて、それが映画にとって必要なシーンなのか誰も考えてないんですよね。考えてー!! そもそも絵本一冊分の話を2時間映画に直すのって難しいんです。それを脚本と監督がやばいせいで明らかなる時間稼ぎのシーンが延々と続くんです。

最初のハロウィンダンスのシーン、長くないですか?そのダンスシーンの中に動きがあればいいんですよ。誰か逃げてるとか何かを狙っている人と逃げる人がいて、ダンスに紛れながらチェイスするとかね。それなら意味がある。でも単なるダンスなんですよ。それも冒頭に持ってくるから意味がわからない。

アクションシーンは時間伸ばすのに使えるし、まぁ映画にはあっていいんですけど挿入が不自然。あと脚本が下手なせいなんですけど、というかこの映画の問題の全ては下手な脚本なんですけど、とにかくシーンとシーンの繋ぎが変。ルビッチがなぜ最初あそこまでしてプペルを助けたのかわからないし、その後めちゃくちゃ嫌ったのに唐突人友達になって!と言い出したのかも不明。プペルはいい声なので魅力的な気がするんですが、プペルの気持ちの変化とかプペルが何考えてるかとか完全に不明。プペル、何?

あとそもそもの話で申し訳ないんですけど世界観の設定が雑〜!!炭鉱町で煙突が多くて空が見えないのはわかります。でも異端審問官の存在する意味となんで外の世界を隠してるのかということの合理的な理由なくない?だって鉱物だか石炭だか掘り出して、絶対外に売ってるじゃないですか。意味がわからない。これね、貧民層だけ空のない環境に暮らしてるとかならわかるんですよ。でも為政者まで悪環境で暮らしてるとなると。変な側近みたいなやつに騙されてることになってるけど。なんかやりたいことだけ先に決めててそれを無理に押し付けたみたいというか。あと異端審問官に追われてる割に秘密知ってる人が多い…。

セリフも変なんですよ。時間稼ぎのための長い台詞は、まぁダメなんですけどなんで入れたのか意味はわかるんですよ。なんとかこの映画を2時間に伸ばすためですねってなるんですけど、それ以外にもある。質の悪い子ども向け映画だからいろんなこと突っ込んじゃいけないのかなーと思いきや、たまに妙に現実的なつっこみがあったり。なんか、言わせたい決め台詞があって、それを言わせるために物事の流れを無理に合わせてるんですよね。
セリフってセリフだけ先にあっちゃダメなんです。
まず人がいて、映画だとキャラクターですけど、その人の背景、置かれた状況があって、その中でその人の気持ち、動機があって、そして複数人の気持ちや行動がぶつかり合って、その中から自然に出てくるのがセリフなんです。「かっこいいセリフ思いついた!これ、言わせたいからなんか言えそうな状況作っちゃおう!」じゃダメなんですよ。それではキャラクターが生きていない。リアリティーがないんです。

あと回想の挿入が不自然。 回想って時間の流れを止めるので、基本的に現在で何か起こってる系の話だとあんまり挟んじゃいけないんですけど、この話めっちゃ入るんです。しかも現在から回想への入りが唐突だから最初回想って気が付かないんですよね。


結論、脚本と監督のやばさを絵の美しさとメインキャラの声優のうまさがカバーし切れてなくて見続けるのがしんどい映画です。人生の2時間を無駄にしたい場合以外は見る必要なし。逆に言えばクソ映画マニアは見るべき。お金をかけても、声優が良くても、クソ映画って作れるんだな!という例。2020年クソ映画・オブ・ザ・イヤーですね。この映画最高って言ってる人は原作者の信者か、ろくに映画も見ていなければ本も読んでない、漫画もアニメも見ていない人だと思います。

ファンタジー映画感想157 パイレーツ・オブ・カリビアンカリビアン 最後の海賊

 

 

2017年。パイレーツ・オブ・カリビアンシリーズの5作目でこの後作られていないので、パイレーツシリーズ最後の作品ですね。

監督はヨアヒム・ローニング。

 

あらすじ

ウィルとエリザベスの息子ヘンリーは父をフライングダッチマン号の呪いから解放しようと「ポセイドンの槍」を探そうとしている。同じ頃魔女の疑惑をかけられた天文学者のカリーナは英国軍に追われていた。カリーナは顔を知らない父が残した手帳を使ってポセイドンの槍の場所を突き止めたが女であるため難儀しているのだった。銀行強盗に失敗したジャック・スパロウはカリーナを囮に逃げる。ジャックはついていないせいで仲間に見捨てられついにはコンパスを手放そうとする。ジャックのコンパスは北を指さないが求めるものを指す。ポセイドンの槍を探すにはジャックのコンパスが必要なのでカリーナとヘンリーはジャックを探す。少年ジャックによって魔の三角水域に閉じ込められ陸に上がれない体にされたサラザールはジャックへの復讐を目論む。一方バルボッサは今やカリブの海賊をまとめ艦隊を指揮していたがサラザールに捕まりそうになる。それぞれがポセイドンの槍を求めて海に出る。

 

感想

それぞれの思惑が絡みすぎてあらすじがすごい面倒臭いんですけど、要はジャックとカリーナとヘンリーとバルボッサはワンチームでポセイドンの槍を探してサラザールを倒そうっていう話です。

これも見るのが大変でしたね〜。話がめんどくせ〜。でもまぁシリーズ最終話としては良かったと思います。旧3作の最後でウィル・ターナーが10年に一度した陸に上がれない体になっちゃってエリザベス可哀想だなって感じでしたけどラストで息子とその彼女によってウィル帰って来れて、オーランド・ブルームキーラ・ナイトレイも出演しましたし。最初から見ていた人間としては感動。そしてバルボッサはずっと魅力的なキャラでしたけどこの5作目でバルボッサの娘(そうです、カリーナです)が出てきたわけですが、バルボッサの役者さん(ジェフリー・ラッシュ)が上手いのでちょこっとしたセリフだけでバルボッサのずっと合わなかった娘への気持ちがよく出ていたので、最後娘のために命を差し出しても違和感がなかった。

でもまぁ普通にやれば話としては1時間くらいだったのを2時間に引き伸ばしましたねって感じの話だったなぁ。

アクションはそれほど良くはないですね。でも美術や衣装はやっぱり最高です。