持丸のファンタジー映画感想

基本ネタバレなしのあらすじと感想で構成されています。ファンタジー映画である限りどんなC級であろうと見なければならない呪いにかかっています。

グーニーズ(1985)

ファンタジーではないですがいい映画だったので。

スピルバーグのファミリー向け映画ですね〜。今まで見てなかったのでようやく見たんですけどまず出だしから面白い。

だって最初なんか鍵を開けるような金属製の扉を開ける音だけが真っ暗な画面に響くんですよ。で、いきなり刑務所。こっちは子供向け映画だと思ってるからちょっと面食らいます。そこで首吊り死体が、と驚かせたところで実は脱獄計画なんですね。そこからフラタリー一家のジープが疾走する流れで登場人物紹介が行われます。うまい。スピルバーグって動きながら話を進めるのがうまい人という印象なんですけど、例えばその様子は「ジョーズ」なんかにも伺われるわけですが、その方式ここでも使われてます。データは発明好きなんだな、とかチャンクは食いしん坊キャラでドジっ子なんだな、とかね。

LOTRファンとしてはサムでお馴染みのショーン・アスティンが主役のマイキーです。彼が家を立ち退かないといけない、と言う事情が兄貴との関係性を描きながら語られます。この兄貴がいいやつなんですよね。グーニーズのメンバーにブランドも入るの?ちょっと年上じゃない?とも思ったんですけど優しくてなんかしまらなくて、いい兄貴ですね。マイキーとの関係性もいい。ポーチで兄貴に抱きついて引きずられたまま家の中へ入っていくの、年の離れた兄貴に甘える弟がよく出てました。マイキーがお兄ちゃんがバイトを頑張って自転車買った苦労を知っててマウスのことを咎めるシーンも二人の関係性がよく出てていいセリフでした。

マウスの登場シーンも良かったですね。玄関のスクリーンドアのところでちょっと櫛で髪を整えるだけなんですけど、その仕草で彼が不良キャラなのはすぐにわかります。うまい。だってワンアクションでそれをわからせるんだから。

ガールズとしてはアンディが来るのは人物紹介からわかってましたけどステフはちょっとびっくりしました。すぐ帰るのかなぁと思いきや最後までずっといたっていう。

フラタリー一家もなんか魅力的なんで私は結構嫌いになれなかったな。スロースへの対応は許される物ではないんですけど、まぁファミリー映画の悪党だからゴリゴリの悪は出せませんからね。

ギミックいっぱいで子どもがワクワクするようなお話でした。当時の髪型やファッションがわかるという意味でも面白かった。アイスクリームの味、今と変わんないですね。アーモンドプラリネとか、後他にもなんか今もあるようなアイスあったなぁ。

2作目の映画は作られなかったようですが、またこう言う陰のないファミリー映画出てくれたらなと思います。

ファンタジー映画感想118 ドラゴン・アンド・スウォード 選ばれし戦士

2011年アメリカ。ゲーム仕立てのB級映画なんだけど予算無さすぎてかえって怖い。オチは早くにわかってしまうがオチがあったからと言って何?って感じの話。多分ゲームっぽい映画作りたくて理由づけにあのオチにしたんだろうな。

 

あらすじ

悪の王シュカタにより平和が破られた世界に選ばれし戦士が現れる。お供と共に森の聖女に助けられながらドラゴンと出会い、殺人鬼と戦い、アマゾネスや6人の侍、亡霊と戦って伝説の剣も3本手に入れ、魔法の石も手に入れながらシュカタとの戦いに備える。

 

感想

予算ないんでCGとか衣装とかカメラワークとか言っても仕方ないが、予算がないからこそ怖かったのが俳優が普通のおじさんぽいこと。体型とか全然しまっていない。それ故に戦闘が普通のおじさん同士の殺し合いに見えてリアルで逆に怖い。アクション俳優が殴り合うのと隣の家に住んでるおじさんと自分の父親が殴り合うのでは後者の方が怖いでしょ?そういう恐怖です。

あとお金なかったのかな。照明がないなと思うシーンが多いですね。ドラゴンのデザインは一角の草食恐竜に羽を生やした感じで面白い。一個一個の戦闘が長いです。最後味方パーティー3人で噴水のまえで決めポーズするのが面白くて声をあげて笑ってしまいました。

ファンタジー映画感想117 スノーホワイト 氷の王国

2016年アメリスノーホワイトのシリーズ2作目。主役を狩人のエリックに。前から脚本がどうかしてる作品だったけど今回もどうかしている。小人は今回2人だけ。後で女性のドワーフが参加しますので計4人ですね。シャーリーズ・セロンが相変わらず美しい。今回の魔女はエミリー・ブラント

 

あらすじ

前作魔女の妹フレイヤは恋人に我が子を殺され魔力に目覚め氷の王国を作り軍隊を作り上げる。エリックはサラと軍隊で出会い結婚するがサラは愛を憎むフレイヤに殺される。時は流れフレイヤが魔法の鏡を盗んだ。エリックはスノーホワイトのために鏡の行方を追うが途中死んだはずのサラに出会う。

 

感想

前作も脚本がヤバかったんですけど今回もやばくて、ピンチが起こらないんですよね。か、起こってもすぐ解決されてしまう。これじゃあハラハラしないよ。妻死んだなーと思ったらすぐ実は生きてたってなるし関係もすぐ元通りだし。

魔女姉妹はアナ雪の影響感じる。エルサ魅力的ですもんね。後エルサの影響だからなのか妹の名前のフレイヤが気になるんですけど。カタカナで見ると北欧神話の女神ですよね?スノーホワイトドイツの話なんだけどなぁ。

ドワーフの女が出てきたのはよかったかなー。結局ホビットシリーズではドワーフの女はっきりは出てきませんでしたからね。グローインのロケットの中のギムリと並んだ絵だけで。

クリーチャーが何となくデルトロっぽいデザインでした。サンクチュアリにいたクリーチャーですね。衣装は可愛くて、これは前回もラヴェンナのドレスとかも良かったんですけど、今回も魔女の金属のアーマードレスが可愛くてよかったです。肝心の狩人の妻はE-girlsっぽかったです。藤井萩花ちゃんみたいだった。

 

 

ファンタジー映画感想116 魔女がいっぱい

2020年アメリカ。ロバート・ゼメキス監督。見に行こうと思ってる間に終わってしまったので配信で。まずロアルド・ダール原作って時点で最近の教育的配慮に満ちた児童文学期待してる人はやめといた方がいい。あの人全然そういうの書かないから。

 

あらすじ

主人公は両親を亡くし祖母と暮らしている。ある日魔女に目をつけられたことから祖母と高級ホテルへ避難することに。ところがそのホテルではちょうど魔女集会が行われていた。大魔女にネズミに変えられた主人公と友人たちは魔女たちが世界中の子供たちをネズミに変えるのを阻止しようとする。

 

感想

高級ホテルの内装と魔女たちのお洋服が目に楽しい。話としては単純な話なんだけど、子どもに見せる映画としては少年が元に戻れなかったり、魔女の見分け方が体の欠損だったりと教育上どうかなという感じなのである程度映画を数見せて一つの映画で価値観が左右されないようになってから見せた方がいい。

ストーリーとしていいところもたくさんあるんですよ。主人公たちは諦めないし知恵を働かせて困難を乗り越えるし、見た目でも命の長さでも幸せが決まらないし、おばあちゃんの愛が深い。親に愛されない子供もいる。全ての子供が愛されるなんて嘘だから。

ファンタジー映画感想115 ジュマンジ ネクスト・レベル

2019年。前作の4人が大学生になって最終決。今回の新要素はスペンサーの祖父エディとその友人マイロの2人のおじいちゃんの参戦。この老人2人のとぼけた味のせいで同じメンツで2度目のゲームでありながらだるくならない。しかしオチは見えているんだよな〜。

 

あらすじ

前作から2年後、仲間と再会することになったが自信の持てないスペンサーはゲームを直し再びジュマンジの世界へ。マーサとフリッジ、それにスペンサーの祖父のエディとその友人のマイロまで彼を救いにジュマンジの世界へ入るもバグのためにアバターが入れ替わってしまう。ステージは前回と変わり砂漠と雪山の世界に。

 

感想

ベサニーは前回目立っていたものの今回は脇に。おじいちゃん2人がいい味。スペンサーは自身を受け入れられずにジュマンジに来て今回本人によく似たキャラクターでここから何か学ぶのかと思いきや最後はドウェイン・ジョンソンになるのでそういう学びはない。2作目としては良いのではないか。一作目の方がいいのはそうなんだけれど2作目のガクッと落ちる感じは比較的少なめ。今回頻繁にアバターが入れ替わる(アバター入れ替わりの泉が出てくる)のでもっと混乱するかと思いきや脚本と役者の演技がいいのか誰の中に誰が入っているのか混乱するシーンがなかった。これはすごいことでスタッフ役者含めて腕がいいなぁという感じ。すごい。

ファンタジー映画感想114 ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル

2017年。ボードゲームは今再燃しているけれど2017年なのでテレビゲーム。昔のジュマンジの現代版なのだけれど新しい要素としてはアバターと特殊能力と弱点、三つまでのライフ。特にこのライフをうまく使っているのが新しい。

 

あらすじ

オタクのスペンサー、スポーツ馬鹿のフリッジ、インスタ女子べサニー、オタク女のマーサはテレビゲームの中に吸い込まれる。そこでは元の姿ではなくスペンサーはマッチョ、ベサニーは髭面の地図専門家などアバターの姿になってしまう。元の世界に戻るため4人はそれぞれの能力を活かし協力してクリアを目指す。

 

感想

ライフが三つと言うのは少ないので緊張感を損なう要素にはなっていない。特殊能力のせいでピンチがあまり訪れないと言う難点はあるものの、タイプの違う若者たちの友情や、違う時代にゲームに吸い込まれたことによる最後の切ない別れと再会なんかは最初のジュマンジと共通。人気があるのもわかる良作。ライフを失うと空から降ってくるというゲームの効果をうまく利用しているのもよかった。

ファンタジー映画感想113 ヒックとドラゴン2

2014年アメリカ。ドリームワークス。 前作はわりと良かったんですよ。ドラゴンがちょっと獰猛なだけのペットだったり、ドラゴンのデザインが私の好みではないというだけで話としてはまとまっていて良かった。今作も悪くはないけど多少予定調和かなー。

 

あらすじ

二十歳になったヒックは父から頭領になれと持ちかけられるもその気になれずにいた。ある日ヒックはドラゴン軍団を作って世界の支配を企むドラゴの存在を知る。ドラゴを説得に赴く途中、ヒックは赤ん坊の頃にドラゴンに連れ去られた母と出会う。母はドラゴンと共に暮らし生き延びていた。

 

感想

こんな本筋じゃないこと言うのもなんなんですけど、羊がサッカーボール扱いでかわいそう。ボールでいいじゃん。ドラゴン以外の動物の幸せどうでもいいのか?とか思ってしまうんですよね〜。父が死にヒックが後を継ぐが、むしろヒックには地図製作者になってもらって嫁が頭領になるとかの方が良かった。母親と父が速攻でよりを戻すのでこの後死ぬんだろうなと思ったら本当に死んだ。そんな普通の展開!